肺炎 子供 症状とは?

スポンサーリンク




肺炎 子供 症状

肺炎 子供 症状 について。

 

 

 

 

ウィルスの接触伝染、ばい菌の感染、そのほかの微生物の伝染に分けられます。  

 

ウィルスでは、RSウィルス、パラインフルエンザウィルス、流行性感冒ウイルス、アデノウィルスなどの
接触感染が多数、ばい菌では、肺炎双球菌(はいえんそうきゅうきん)、レンサ球菌(きゅうきん)、ブドウ球菌(きゅうきん)、
流行性感冒桿菌(かんきん)、マイコプラズマ菌などの伝染があります。

 

スポンサーリンク




 

 

たいていの肺炎に、せき、熱のある状態がみられます。

 

 

そのうち、呼吸作用が速くなり、呼吸困難になると、鼻の穴が息を吸入れる時に大きくなる(鼻翼呼吸(びよくこきゅう))とか、
あばら骨の間やお腹と胸の境目がへこむ(陥没呼吸(かんぼつこきゅう))といった様態になります。

 

 

 

 

重症に変ずると、面もちが悪く(チアノーゼ)なります。

 

いつもの外呼吸ではなく、うなるような呼吸を行なうケースもあります。
不機嫌になって、食欲も落ち、せきで吐(は)いたりします。  

 

新生児では、肺炎に共通するせきや熱発と云う症候なしに、急に外呼吸困難が表われる事がありますので、念が必要です。
呼吸が早く、ぐったりして、お乳も飲めないようだと、せきや熱がなくても、肺炎の事柄があります。

スポンサーリンク




 

肺炎 子供 症状とは?

肺炎 子供 症状 について。ウィルスの接触伝染、ばい菌の感染、そのほかの微生物の伝染に分けられます。  ウィルスでは、RSウィルス、パラインフルエンザウィルス、...

≫続きを読む

肺炎 子供 入院とは?

肺炎 子供 入院 について。肺炎は早期の処置で軽く終わるケースがほとんどですが、激しくなると入院など深刻な場合もあります。スピーディー速めの対応をとり行うように...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク