肺炎 治療 期間はどれぐらい?

スポンサーリンク




肺炎 治療 期間

肺炎 治療 期間について。

 

 

 

 

 

 

肺炎は、肺臓内で、異物から構造を防衛する肺胞が炎症を起こす事で発症します。
細菌性肺炎と非細菌性肺炎の二つの型にわかれ、おのおの、非細菌性のものは、
ウィルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎に分けられます。

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

細菌性肺炎は、年寄りに多数見られ、死亡率も高いもの病みなので、冬場の冷々たる頃などは、念が不可欠です。
主な症候をタイプ別にみてみると、ウィルス性のものは、たんやせき、ねつ倦怠感がありあます。2週間ほどで全快する事が多いです。

 

 

 

 

 

 

マイコプラズマ肺炎は、喀痰の出ない強い咳が特性の肺炎、重い症候が表われませんが、
感冒と間違う事で、病魔が長引く事が数多いです。

 

 

 

 

クラミジア肺炎は、気管支炎クラスで軽やか症状のものが数多いです。
細菌性肺炎では、風邪ひきの症候と同じような様子が長く続きます。
痰は、黄色みをおびたものからブラウン系のもの、症候が激しくなってくるとチアノーゼ、又、外呼吸困難を伴うケースがでてきます。

 

 

 

 

 

ウィルスや細菌に接触伝染する事が主な原因です。
健康時であれば、呼吸作用時に入ってくるウィルスやばい菌群を除外できますが、
感冒などをひいているケースなど、ウィルスなどが直接肺臓に入ってきて発赤を起こします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク