肺炎 高齢者まとめ

スポンサーリンク




肺炎 高齢者まとめ記事一覧

肺炎【高齢者の入院費用と期間とは?】

肺炎になった場合、症状が軽いのなら1週間程度の通院治療もしくは入院で済むようですが、重い場合は1ヶ月〜数ヶ月の入院になることがあります。特に高齢者の入院は一般成人の入院よりも期間が長くなることが多いようです。高齢者肺炎では、発熱、咳、痰 など肺炎に随伴する症状がないか、あっても軽微なものに止まる症例...

≫続きを読む

肺炎【高齢者の余命はかなり短い?】

誤嚥性肺炎を起こすような全身状態の場合は半年くらいの余命となってしまうこともあります。高齢者の肺炎は絶対に治らないというわけではありませんが、高齢者が肺炎に罹った場合は最悪の状況も考慮に入れなければなりません。肺炎の中でも、高齢者の占める割合がとても多くなっており、なんと9割以上になるとされています...

≫続きを読む

肺炎で高齢者が予防する画期的な方法はあるの?

高齢者はもちろんですが、生活習慣病が増える中年期から、肺炎の予防に関する知識や生活習慣を、しっかり身に付けておくことが大切だといえるでしょう。肺炎によくみられる症状のうち、「発熱」「悪寒」「たんを伴うせき」「倦怠(けんたい)感」などは通常のかぜでもみられるため、かぜと間違えて見逃されるケースも少なく...

≫続きを読む

肺炎【高齢者は熱が出やすい?なしのケースある?】

気管支や肺が炎症を起こして、肺炎になってしまうので、抗炎症作用のある薬や細菌を殺すための抗生物質を飲めば良くなります。高齢の方は、体力が落ちている場合があったり、持病により免疫力が低下している恐れもありますので、早めの対処がとても重要となります。通常の肺炎であれば、発熱・咳・痰が出るといった症状があ...

≫続きを読む

肺炎【高齢者で食事が難しい場合の対処法とは?】

誤嚥性肺炎と診断された高齢者は、入院した場合、まずは誤嚥を再発しないために絶食し、栄養は点滴でとることになります。しかし、そのままでは身体のその他の機能が低下してしまうため、時期をみて口からの食事を開始する必要があります。食べ物や唾液・胃液が誤って喉頭と気管に入ってしまう誤嚥は、食事中や睡眠時に起こ...

≫続きを読む

肺炎【高齢者が急変して危ない状態の時は?】

レントゲン検査(肺炎の大きな広がりはない)→急変(レントゲンでの肺炎の広がり)ということであれば、急激な喚気障害を起こしたものと考えます。特に老健で起こる急変で多いのは肺炎や骨折です。高齢者の肺炎の原因はほぼ誤嚥によるものであると言われています。通常、食物や自分の唾液が誤って気管に流れ込めば、反射的...

≫続きを読む

肺炎【高齢者のアセスメントはどう対応する?

アセスメントとは患者さんに関する情報を整理して問題点を抽出する作業です。病気の状態、栄養、排泄、活動、睡眠、認知・知覚、患者さんの社会背景や病気に対する思いなど、細かな項目にわけてそれぞれ考え、治療に影響する項目について必要な看護的介入を考えます。誤嚥性肺炎とは、口腔内の常在菌が肺に流れ込んで生じる...

≫続きを読む

肺炎【高齢者が悪化!苦しそうな時の対処は?】

かぜのような症状が3〜4日たっても治まらない・あるいは悪化した、息切れや胸痛、呼吸が速い、ぐったりして食欲がないなどの症状がみられたら、肺炎が疑われます。すぐに呼吸器科やかかりつけ医を受診しましょう。肺炎という病気は咳という特徴的な症状がありますが、風邪の症状とよく似ている事もあって発見が遅れがちに...

≫続きを読む

肺炎【高齢者の誤嚥性肺炎が起きる原因とその症状とは?】

高齢になるとこの伝達がスムーズにいかず、誤って気管に食べ物を入れてしまうようなことが発生します。そうすると、食べ物や唾液と共に細菌が肺に入り込み、炎症を起こしてしまいます。これが、誤嚥性肺炎の原因です。健康な状態であれば、「ケホケホ」と咳き込むことで気管に入った物を出せます。しかし吐き出す力が弱くな...

≫続きを読む

高齢者の肺炎はうつる危険性あり?信じられない事実とは?

肺炎が人に感染する、というイメージを持っている方はあまり多くないでしょう。結論から言いますと、肺炎にはうつるタイプとうつりにくいタイプがあります。風邪をこじらせてなった肺炎やアレルギー性のものなど免疫力が落ちて いたり、体力がなくなっているときなどにかかりやすい肺炎は 人にうつりにくいです。肺炎球菌...

≫続きを読む

肺【炎高齢者の嚥下障害が原因で起こる病気とは?】

水や食べ物、胃食道逆流物などが誤嚥によって肺に入ってしまい、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こるのが誤嚥性肺炎です。高齢者のかかる肺炎は、誤嚥性肺炎が多いと考えられています。高齢になるとこの嚥下の機能が低下して、本来なら食道から胃へと送られるものが誤って気道の一部である気管に入ってしまうことがあり...

≫続きを読む

高齢者の肺炎で延命治療はする必要があるのか?

延命治療は一般に、回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の患者さんへの生命維持のための医療行為を言うようですよ。人工呼吸器の装着、心臓マッサージや昇圧剤投与による心肺機能の維持、水分や栄養の点滴などがあげられるそうです。医療は死を止めることはできません。高齢になるほど増える認知症、いずれ自分の口...

≫続きを読む

高齢者の肺炎で起炎菌として最も頻度が高い?

口腔咽頭の微生物や内容物を誤嚥する一般的な誤嚥性肺炎の他に、慢性の神経疾患などで長期寝たきりの場合、比較的少量の口腔内容物を持続的に誤嚥する結果、肺にびまん性に粒状影を認めることがあります。誤嚥のあったもののうち32.1%にあたる25名は肺炎球菌が起炎菌として考えられています。誤嚥性肺炎は高齢者にお...

≫続きを読む

高齢者の肺炎で嘔吐が続き下痢などの症状がでる?

ウイルスによる肺炎の場合は、のどの痛み、関節の痛み、吐き気や嘔吐、下痢などの症状がでます。マイコプラズマによる肺炎の場合は、咳やだるさなど、風邪のような症状から始まり、発熱は伴わず強い咳が続くのが特徴です。肺炎は、肺炎球菌などの病原菌の感染によって肺に炎症が起こった時に発症します。ここ20年間に渡っ...

≫続きを読む

肺炎【高齢者は胸水が溜まりやすい?】

高齢者に多く見られ、病院では胸部X線検査やCT検査が行われるようになります。この場合、針を刺して胸水を採取して調べられるようになっています。高齢者で頻度の高いものは、心不全、肺炎、胸膜炎、肺結核、肺がん、などです。もちろん病気によって胸水のたまる機序も違いますし、治療法も変わってきます。胸水が貯まる...

≫続きを読む

高齢者が肺炎で危篤状態になったら臨終までどれくらい?

希望はすてず 呼吸が以前より楽そうかどうか注意深く観察されるのがよろしいでしょう。なかなか毎日医師から直接説明をきくことが出来ないと思いますので客観的に観察することでご家族の方でもわかることは多いと思います。危篤状態というのは、長いものも正直あります。こん睡状態で半年といった友人を見たことがあります...

≫続きを読む

高齢者の肺炎【気管切開(呼吸のための穴を作る処置)は?

人工呼吸器管理は、本人にとってとても不快な処置です。気管内挿管(人工呼吸器に繋ぐために口から管を入れる)してから約2週間以内に呼吸状態が改善しなかった場合は、気管切開(首に呼吸のための穴を作る処置)することになります。本人も常に痰が絡み続け、うまく自力で吐き出すことも出来ず苦しい思いをし続けますし、...

≫続きを読む

高齢者の肺炎【痰吸引するのは最終手段?】

たんの吸引は、気管切開などを行い、人工呼吸管理中の人などに対して行われる医療行為です。かつては病院の集中治療室など特殊な条件下での行為でしたが、最近では施設や在宅でもよく行われるようになってきました。喉や気管などに溜まっている痰などの分泌物を吸引器等を使って直接取り除くことがとても大事になります。病...

≫続きを読む

気管支炎と肺炎【高齢者に多く見られる?】

気管支炎とは炎症が主に気管支にあり、咳や痰などといった呼吸器に症状が見られる、病気の総称を指します。ここから肺にも炎症が広がって見られた場合、肺炎になるとされています。実際の所、気管支炎の症状があり、レントゲンで胸部に新たな異常が見られた場合、肺炎とするようです。急性上気道炎が気管から気管支まで波及...

≫続きを読む

肺炎を高齢者が繰り返すうちに誤嚥になる?

何度も誤嚥を繰り返すうちに誤嚥に対する反射も徐々に落ちてきます。発熱もしなくなってしまうので、肺炎になっていても気づかない場合もあります。再発を繰り返すと耐性菌が発生して抗生物質治療に抵抗性を持つため、優れた抗生物質が開発された現在でも、多くの高齢者が死亡する原因になっています。高齢者は、食べるしく...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク