c型肝炎の新薬は副作用が出やすい?死亡することも?

スポンサーリンク




c型肝炎の新薬は副作用が出やすい?死亡することも?

副作用が多大(発熱、食欲不振、味覚異常、貧血、血小板減少、倦怠感、湿疹、間質性肺炎等)で、厳しいものです。

 

ダクラタスビル・アスナプレビルの新薬治療では、ウイルス耐性変異有無で薬の効き方が左右されますので、遺伝子検査が重要です。
この治療をされる方は、皆さん必ず検査を受けてください。

スポンサーリンク




その他、カルバマゼピン、フェニトイン、リファンピジン(リファジン)など、と併用すると、この薬の血漿 中の濃度が低下して薬効が減弱するおそれがあります。

 

ブリストルマイヤーズ製の経口薬ダクルインザ(ダクラタスビル)とスンベプラ(アスナプレビル)」(略称:ダクラ・アスナ)が、新しい保険適用治療薬として加わりました。
国内初のインターフェロンフリー療法です。著効率は約85%、副作用は少ないと云われています。

 

希望の治療薬が生まれて、C型肝炎患者は喜んでいましたが、残念な死亡例が報告されました。
B型肝炎が活性化して1名が亡くなったそうです。B型ウイルスを併せ持っている患者は気を付けなければなりません。

 

10〜30年かけて肝硬変や肝臓がんへと病気が進行することも少なくないです。
毎年約3万人が亡くなる肝臓がんの約8割がC型肝炎が原因とされています。

 

ただ、この治療法は頭痛、食欲不振、吐き気、不眠・不安、倦怠感などの副作用があり、負担に耐えられない高齢者が多い難点がある。治療期間も24〜48週間と長期にわたることがあります。

スポンサーリンク




c型肝炎の新薬は副作用が出やすい?死亡することも?

副作用が多大(発熱、食欲不振、味覚異常、貧血、血小板減少、倦怠感、湿疹、間質性肺炎等)で、厳しいものです。ダクラタスビル・アスナプレビルの新薬治療では、ウイルス...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬は保険適用される?

ジェノタイプ1型への経口新薬ハーボニー(ソフォスブビル・レディパスビル合剤)が7月3日にに認可され、8月26日に薬価が決定し、保険適用及び医療費助成による治療が...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【ハーボニー】の副作用はひどい?

世界的にも肝臓がんの発症率が高いとされる日本において、このハーボニーに登場でC型慢性肝炎の治療が大きく変わろうとしています。特にジェノタイプ1型に対して確実に有...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬治療費の価格が異常?!8万もするの?

B型肝炎、C型肝炎ウイルスの治療費が助成されます。助成費用(医療機関、薬局の合算):負担無し、1万円、または、2万円のいずれかです。課税額等により決定されます。...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【秋が一番やるとおトク?】

今年の夏から秋ごろにはインターフェロンを使わない新薬、アスナプレビル(ASV)、ダクラタスビル(DCV)が登場し、更には、近い将来、ソフォスビル(SOF)、レデ...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【肝硬変の人でも97%有効?】

C型肝炎は肝硬変や肝細胞がんの原因になるウイルス疾患です。C型肝炎の治療は近年、新薬の開発などと共に進展してきています。最近では内服薬のみでの治療も選択肢となっ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク