c型肝炎の新薬【ハーボニー】の副作用はひどい?

スポンサーリンク




c型肝炎の新薬【ハーボニー】の副作用はひどい?

世界的にも肝臓がんの発症率が高いとされる日本において、このハーボニーに登場でC型慢性肝炎の治療が大きく変わろうとしています。特にジェノタイプ1型に対して確実に有効な治療法がなかっただけに、期待は一層大きなものとなっているのです。

 

主な副作用はそう痒症、悪心、便秘、頭痛、口内炎などになります。これだけ強力な薬にも関わらず副作用が少ないのは素晴らしいですね。
副作用の多いリバビリンを併用しなくてもいいことが大きいかと思います。

スポンサーリンク




C型肝炎の治療が急速に進む中、今年9月に販売開始されたのがハーボニー(商品名ハーボニー配合錠)です。
ハーボニーはソバルディとレディパスビルの配合錠で、1型のC型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変に対応した飲み薬です。1日1回1錠12週間服用します。

 

ハーボニーはその「配合錠」という名前からもわかるように、レビパスビルとソホスブビルという2種類の薬によって造られている薬剤です。
レジパスビルはHCVの複製などに関わる非構造タンパク質5A(NS5A)という物質を阻害する薬で、ダクルインザと同じ種類の薬になります。

 

ハーボニー吸収は食事に関係ないので飲んでいる薬のこと先生とよく相談してください。

 

ハーボニー配合錠ではインターフェロンやリバビリンと併用しなくてもC型肝炎を治療することができます。1日1回1錠を12週間服用することで、C型肝炎を治療します。主な副作用としては鼻咽頭炎や頭痛、倦怠感などが確認されています。

スポンサーリンク




c型肝炎の新薬は副作用が出やすい?死亡することも?

副作用が多大(発熱、食欲不振、味覚異常、貧血、血小板減少、倦怠感、湿疹、間質性肺炎等)で、厳しいものです。ダクラタスビル・アスナプレビルの新薬治療では、ウイルス...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬は保険適用される?

ジェノタイプ1型への経口新薬ハーボニー(ソフォスブビル・レディパスビル合剤)が7月3日にに認可され、8月26日に薬価が決定し、保険適用及び医療費助成による治療が...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【ハーボニー】の副作用はひどい?

世界的にも肝臓がんの発症率が高いとされる日本において、このハーボニーに登場でC型慢性肝炎の治療が大きく変わろうとしています。特にジェノタイプ1型に対して確実に有...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬治療費の価格が異常?!8万もするの?

B型肝炎、C型肝炎ウイルスの治療費が助成されます。助成費用(医療機関、薬局の合算):負担無し、1万円、または、2万円のいずれかです。課税額等により決定されます。...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【秋が一番やるとおトク?】

今年の夏から秋ごろにはインターフェロンを使わない新薬、アスナプレビル(ASV)、ダクラタスビル(DCV)が登場し、更には、近い将来、ソフォスビル(SOF)、レデ...

≫続きを読む

c型肝炎の新薬【肝硬変の人でも97%有効?】

C型肝炎は肝硬変や肝細胞がんの原因になるウイルス疾患です。C型肝炎の治療は近年、新薬の開発などと共に進展してきています。最近では内服薬のみでの治療も選択肢となっ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク