B型肝炎 予防接種まとめ

スポンサーリンク




B型肝炎 予防接種まとめ記事一覧

B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られます。肝炎のワクチンは最近開発されたばかりで、副作用に関する長期的な調査は一切されていません。癌を予防してくれる薬もある、と医者も言っています...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

B型肝炎ワクチンはいつでも接種可能ですが、年齢が若い方が免疫を獲得しやすいため早めに接種するとよいようです。B型肝炎の大きな感染ルートだった母子感染と集団予防接種は対策が進んでいて、現在ではB型肝炎ウィルスに感染している子供は非常に少ないと思います。3歳以下の乳幼児がB型肝炎ウイルスの暴露をうけ、そ...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

何歳でも接種することができます。しかし、何歳でも接種できるからといって、B型肝炎の予防接種を遅らせるのは辞めてください。このB型肝炎は知らない間にも感染することがあり、感染すると疲れやすくなったり、黄疸が出たり、時には急激に症状が悪化すると劇症型肝炎と呼ばれる状態となり、致死率が非常に高いために大人...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【費用は?赤ちゃんでもいい?】

B型肝炎ワクチンの予防接種は、定期の予防接種に変更されたため、費用はかかりません。これまでは1回あたり3,000〜8,000円かかっていましたが、公費で負担されるようになりました。病院へ行って金額が分からないと、持ち合わせが足りなくて困ることや、予防接種した後子供の様子が変など、ままにとって心配ばか...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【5歳以降は1%未満となる?】

1歳未満は感染者の90%以上が持続感染、1歳〜5歳で25〜50%が持続感染、5歳以降は1%未満となっておりましたが、都心部を中心に増加している欧米型の遺伝子では5歳以降でも10%が持続感染となります。母子感染により胎児や新生児へ伝染するのが従来から問題視されてきました。年少ほど感染を受けた場合にキャ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク