B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られます。

 

肝炎のワクチンは最近開発されたばかりで、副作用に関する長期的な調査は一切されていません。

 

癌を予防してくれる薬もある、と医者も言っていますが、そんなワクチンはどこにも存在しません。
もっと言えば、感染症を予防できるワクチン自体、存在しないのです!B型肝炎ワクチンの製造社さえ、ワクチンが癌予防になるとは決して言わないでしょう。

スポンサーリンク




<B型肝炎ワクチンの予防接種による副作用の種類>
発熱・発疹・局所の疼痛(打った部分がジンジンする)・かゆみ・腫れ・硬結(打った部分が硬くなる)・赤み・吐き気・下痢・食欲不振・頭痛・倦怠感・関節痛・筋肉痛・手の脱力感

 

5%以下の確率でこれらの副作用があらわれるとされています。

 

まれに重篤な副作用がでることもあります。予防接種をせずにその病気にかかってしまい、後遺症が残る確率よりも、はるかに低い確率なんだそうです。

 

副反応は毎回出るとは限りません。予防接種時の体調などにより、出る場合もあれば、出ない場合もあります。予防接種時、1度目は出なくても2度目、3度目では副反応による発熱がみられるケースもあります。
予防接種で副反応が出た場合は、次回の接種時にその旨を医師に伝えておきましょう。

 

また、残念ながらこれで終わりとは限りません。3回目の摂取から約1か月後に検査が必要です。この検査によって、抗体がちゃんとできているか、つまりB型肝炎への十分な抵抗力と免疫があるか審査します。

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られま...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

B型肝炎ワクチンはいつでも接種可能ですが、年齢が若い方が免疫を獲得しやすいため早めに接種するとよいようです。B型肝炎の大きな感染ルートだった母子感染と集団予防接...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

何歳でも接種することができます。しかし、何歳でも接種できるからといって、B型肝炎の予防接種を遅らせるのは辞めてください。このB型肝炎は知らない間にも感染すること...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【費用は?赤ちゃんでもいい?】

B型肝炎ワクチンの予防接種は、定期の予防接種に変更されたため、費用はかかりません。これまでは1回あたり3,000〜8,000円かかっていましたが、公費で負担され...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【5歳以降は1%未満となる?】

1歳未満は感染者の90%以上が持続感染、1歳〜5歳で25〜50%が持続感染、5歳以降は1%未満となっておりましたが、都心部を中心に増加している欧米型の遺伝子では...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク