B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

B型肝炎ワクチンはいつでも接種可能ですが、年齢が若い方が免疫を獲得しやすいため早めに接種するとよいようです。

 

B型肝炎の大きな感染ルートだった母子感染と集団予防接種は対策が進んでいて、現在ではB型肝炎ウィルスに感染している子供は非常に少ないと思います。

スポンサーリンク




3歳以下の乳幼児がB型肝炎ウイルスの暴露をうけ、その子どもたちの多くが無症候性キャリアになっています(キャリア化)。すなわち、現在大人でB型肝炎による慢性肝炎、肝硬変、肝がんで苦しんでいる方たちの多くは、乳幼児期の感染が原因とされています。

 

B型肝炎ウイルスは、血液(体液)だけでなく、涙・よだれ・汗・尿からも罹患し、3歳未満で感染するとキャリヤーになりガン化しやすいこと、さらに、思春期以降は性感染症として広がっていることが知られています。

 

生後3歳未満でB型肝炎に感染すると慢性化したりB型肝炎ウイルスのキャリアになりやすいですので、3歳までは半年〜1年ごとに免疫がきちんとあるか定期的にチェックをします。

 

27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目から139日以上の間隔をおいて1回皮下に接種。接種量は0.25ミリリットル。
ただし、3回の接種を完了せずに3歳を超えた場合は、3歳以降の接種は対象外となります。

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られま...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

B型肝炎ワクチンはいつでも接種可能ですが、年齢が若い方が免疫を獲得しやすいため早めに接種するとよいようです。B型肝炎の大きな感染ルートだった母子感染と集団予防接...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

何歳でも接種することができます。しかし、何歳でも接種できるからといって、B型肝炎の予防接種を遅らせるのは辞めてください。このB型肝炎は知らない間にも感染すること...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【費用は?赤ちゃんでもいい?】

B型肝炎ワクチンの予防接種は、定期の予防接種に変更されたため、費用はかかりません。これまでは1回あたり3,000〜8,000円かかっていましたが、公費で負担され...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【5歳以降は1%未満となる?】

1歳未満は感染者の90%以上が持続感染、1歳〜5歳で25〜50%が持続感染、5歳以降は1%未満となっておりましたが、都心部を中心に増加している欧米型の遺伝子では...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク