B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

何歳でも接種することができます。

 

しかし、何歳でも接種できるからといって、B型肝炎の予防接種を遅らせるのは辞めてください。

 

このB型肝炎は知らない間にも感染することがあり、感染すると疲れやすくなったり、黄疸が出たり、時には急激に症状が悪化すると劇症型肝炎と呼ばれる状態となり、致死率が非常に高いために大人でも恐ろしい病気の一つとなります。

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種は、保育園に入る前には絶対、接種するべきです。

 

なるべく早く(できれば0歳、できれば低月齢で)接種した方がいいワクチンだと思います。
キャリアになると、将来2割が肝硬変や肝臓癌になると言われています。

 

B型肝炎は、そもそも感染する時期によって急性肝炎になるか慢性肝炎になるか大体決まってきます。3歳未満に感染すると、慢性肝炎になる確率が最も高く3歳以上で感染すると一度肝炎を起こせばその後は多くの人は治癒して一部の人は慢性化することがあります。

 

B型感染ワクチンは、接種するのに期限はありません。2ヵ月を過ぎていても、いつでも接種は可能ですが、免疫機能が発達していない赤ちゃんは、大人よりも感染しやすい状態なので、早い時期の接種が推奨されています。

 

B型肝炎を持っている母親から生まれてきた子供に受けさせることが多いですが感染撲滅や肝硬変、肝臓がんのリスクを減らすためにも任意ではあっても受けておいた方がよいのです。

スポンサーリンク




B型肝炎の予防接種【副作用はしこりと発熱?】

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。感染すると、約30%の人が急性肝炎と言って、黄疸、発熱、倦怠感などが見られま...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種は3歳からではもう遅い?

B型肝炎ワクチンはいつでも接種可能ですが、年齢が若い方が免疫を獲得しやすいため早めに接種するとよいようです。B型肝炎の大きな感染ルートだった母子感染と集団予防接...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種はいつまでにやればいい?

何歳でも接種することができます。しかし、何歳でも接種できるからといって、B型肝炎の予防接種を遅らせるのは辞めてください。このB型肝炎は知らない間にも感染すること...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【費用は?赤ちゃんでもいい?】

B型肝炎ワクチンの予防接種は、定期の予防接種に変更されたため、費用はかかりません。これまでは1回あたり3,000〜8,000円かかっていましたが、公費で負担され...

≫続きを読む

B型肝炎の予防接種【5歳以降は1%未満となる?】

1歳未満は感染者の90%以上が持続感染、1歳〜5歳で25〜50%が持続感染、5歳以降は1%未満となっておりましたが、都心部を中心に増加している欧米型の遺伝子では...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク