マイコプラズマ肺炎 症状まとめ

スポンサーリンク




マイコプラズマ肺炎 症状まとめ記事一覧

マイコプラズマ肺炎の症状【小児の咳に注意?】

最近マクロライドが効かないマイコプラズマが急増して小児科医は困っています。マクロライド系抗生剤が効かない耐性マイコプラズマが現在では50〜80%にもなり、マイコプラズマ肺炎の治療が年々難しくなってきています。小児のマイコプラズマの感染の特徴は、乳幼児よりも、年長の幼稚園児〜中学生など年齢の高い子供の...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【大人も出る?子供で違う?】

マイコプラズマ肺炎の症状は、大人の場合も子供の場合も大きな違いはないようです。しかし、大人の場合、初期症状を風邪と間違えて見過ごしてしまう傾向があるようです。大人がマイコプラズマに感染するケースとしては、保育園や幼稚園、小中学校に通う子どもが学校で感染し、潜伏期間中に家庭内で二次感染を起こすケースが...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【湿疹や発疹が原因か?】

幼稚園や保育園に入園すると、これまで温室育ちだった我が子もさまざまなバイ菌にさらされていろいろな病気をもらってきます。乳児湿疹と突発性発疹くらいしか病気を経験していない、という子には、まさに試練の時期です。湿疹の場合は外的刺激による炎症と言えます。皮膚の外側に炎症を起こすもので、ステロイドや抗ヒスタ...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【治療によってすぐ治まる?】

マイコプラズマ肺炎は、過去に4年周期で大流行を起こしたことから、「オリンピック肺炎」と呼ぶ人もいるようです。マイコプラズマは、近年でも人から人に感染し、地域社会で大流行を起こすことがあるので、「市中肺炎」とも呼ばれています。最近、抗生剤による治療で問題となっているのが、薬剤耐性のマイコプラズマ肺炎の...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【経過とともに乾いた咳は?】

時間の経過とともに乾いた咳はどんどん激しくなると言われています。乾いた咳は、数日後にはだんだん痰の絡んだ咳に変わってくるようです。経過もさまざまであり、急性期のみの症状から、難病(喘息・リウマチ性疾患・膠原病・神経疾患)も含む慢性炎症性疾患までの幅広い病像を呈するため、原因の特定が困難な場合も少なく...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【小児の入院費用と必要性は?】

肺炎の症状が重症化した場合には、入院治療が必要となることがあるようです。抗生物質を服用しても熱が下がらなかったり、咳の症状が強い、胸水の貯留がみられる、呼吸困難を起こすといった場合などには、外来通院治療だけでは対応ができないようです。マイコプラズマ肺炎は高熱が続いて入院する、重症化して重症肺炎になる...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【腹痛と発熱は?かなり苦しい?】

まずマイコプラズマは肺炎だけではありませんがよく肺炎を起こすのは事実です。マイコプラズマの8割が呼吸器に炎症をおこすとの統計もあります。腹痛を起こすことも稀にありますがよく状況を整理してみましょうまれにお子さんの中に激しい下痢や腹痛を体験し、腸にその時のダメージが残留し腹痛を引き起こすことがあり...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【下痢といった風邪の様?】

マイコプラズマ肺炎に感染した場合には、まず最初に発熱や咳、喉の痛み、鼻水、倦怠感、筋肉痛、嘔吐や下痢といった風邪の様な症状が出ることが多いです。熱や頭痛などは、7〜10日前後で治まりますが、咳だけはひどくなっていきます。2週間目に一番ひどくなり、1ヶ月以上続くことも、珍しくありません。症状が似ている...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【赤ちゃんにはあまり見らない?】

マイコプラズマ肺炎というのは、細菌とウイルスの中間のような性格を持ったマイコプラズマ菌が肺に感染して起こる病気。赤ちゃんにはあまり見られず、5〜10才ぐらいの子どもがかかりやすい病気で、異型肺炎というふうにも呼ばれます。5〜30歳くらいの幅広い年代の方が感染する可能性のある感染症です。中でも感染率が...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【うつる確率は高い?】

マイコプラズマ肺炎は、肺炎全体の約10-20%を占めていて、「うつる肺炎」と言われているようです。数年に一度、大きな流行を起こすことがあると言われています。咳は経過とともに強くなり、熱が下がったあとも1ヶ月程度続くことが特徴的とされています。年長児や青年では、後期になると痰を伴う湿った咳(湿性咳嗽)...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【嘔吐を訴えて苦しくなる?】

咳がひどくなると同時に痰が出るようになり、血が混じった痰(血痰)がでる場合があります。解熱後も咳は3〜4週間続き、吐き気や嘔吐、下痢、中耳炎、鼓膜炎、筋肉痛、関節痛、発疹などの症状をうったえる方もいます。なお、乳幼児に感染した場合は肺炎になることは少なく、風邪や上気道炎で終わることが多いが、5〜10...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【軽い風邪と勘違いされる?】

マイコプラズマ肺炎は、「通院や薬での外来処置で対処できる肺炎」と言われ、肺炎の中でも症状は比較的軽いと考えられています。また症状には個人差もあり、特に乳幼児の場合、風邪だと思ってそのままにしておくケースも多いようです。長期化した場合は、完治するまでには2、3週間の抗生物質投与が必要なこともあり、普通...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【感染経路はとても強く注意?】

感染ルートは主に2つで、マイコプラズマ肺炎に感染した人の咳やくしゃみによって肺炎マイコプラズマが飛散し、それを吸い込むことで感染する「飛沫感染」と、感染している患者との直接的な接触や、周囲の物を介しての間接的な接触で病原菌が体内に入る「接触感染」があります。乳幼児が感染すると風邪と同程度の症状で治ま...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【完治の目安とは?】

通常は、完治まで一か月くらいかかりますので、その間は咳や会話で感染する可能性はあります。咳症状が治まれば感染力は低下しますが、0%にはなりません。とりあえずは「咳エチケット」でマスクを着用して手洗いを励行してください。子供の場合、テトラサイクリン系は極力避ける(歯牙着色等があるため)傾向にあります。...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【悪化する驚異の事実とは?】

マイコプラズマという病気は4年周期で流行することから「オリンピック熱」とも呼ばれており、咳と発熱が長引くとマイコプラズマ肺炎を引き起こすことのある感染症です。マイコプラズマ肺炎は放置すると呼吸不全を起こすことがありますし、ひどいと死にます。マイコプラズマかはわかりませんし、病院で診断していただき、適...

≫続きを読む

マイコプラズマ肺炎の症状【胸痛があるのは末期症状?】

マイコプラズマ肺炎に罹った患者さんの約25%で胸痛の症状がみられると言われています。胸痛があるということは、肺と肋骨を隔てている胸膜(きょうまく)というところに炎症が及んでいる可能性を示しているようです。潜伏期間が2週間から4週間有り、この期間中も、感染力があるので、知らずに感染しやすくなっています...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク